自社ローン対応の車とは?

自社ローン対応の車とは? 自社ローン対応の車とは、簡単に言えば、自動車販売店に購入代金を立替えてもらい、月々の返済をしていくことで購入をする自動車のことを指します。
借入による車の購入では通常、ローンが利用され、代表となるものとしては、クレジット会社などが行っているオートローンと、銀行等の金融機関が提供をしているマイカーローンがあります。
これらのローンでは融資の際には審査が行われ、当然、信用情報や申込条件等に合わなければ借入できず、車を購入をすることはできなくなります。
自社ローンはオートローンやマイカーローンとは異なり、過去における借入の事故歴など信用情報が影響することが少なく、極端な例では、自己破産をしていたとしても購入をすることができます。
大きな特徴としては、ローンという名称は用いているものの金利が設けられていないことがあり、理由としては販売店自体が貸金業の許認可を得ていないことがあります。
そのために利息を設けることは違反行為となり、この場合、手数料という名目で購入代金の他に加算されることになります。
自社ローンは資金力のある販売店が設けているケースが多く、それぞれに審査基準はあるものの、手間も時間もかからないという便利なシステムの1つでもあります。

自社ローンの審査について

車の購入を考えている方の中には、なかなか自動車ローンの審査に通らずに車が欲しいにも関わらず、手に入れることが出来ないとお困りの方もいらっしゃるかと思います。
いくつかローンを持っていたり、収入が安定していなかったり、まだ年齢が若いと審査が通らないことがあります。
そこで、中古車ディーラーの中には独自に自社ローンを設け、サービスを提供しているカーディーラーもありますので、そういったカーディーラーを探し、利用するのも一つの方法です。
自社ローンはそれぞれのディーラーが独自に設定しているローンです。
その為ある程度の資金力のある会社でないと資金繰りに行き詰ってしまいます。
すべてのディーラーが行っている訳ではないことを理解しておきましょう。
欲しい中古車があり、またそのディーラーが自社ローンを設定しているようであれば、利用出来るか販売担当者に確認するとよいでしょう。
憧れの車を手にすることが出来るかもしれません。