自社ローンで変動金利には注意を

Loan Plannning 自社ローンとは、車屋が独自に提供しているローンのことです。
金融機関のローンではないので、審査で信用情報を参照されません。
そのため、過去に金融事故を起こしてブラックリストに載っている人でも返済能力さえあれば審査に通ります。
しかし、自社ローンを提供している車屋さんのほうもこのような事情は理解しており、金融事故を起こしたようなリスクの高い人も多く申し込むということで、リスク対策もしっかりと考えています。
具体的には、金利を高めに設定したり、手数料を多めにとったり、一ヶ月でも滞納をすれば車を没収するといった厳しい内容の契約になっていることがあります。
自社ローンで変動金利となっている場合には注意が必要です。
車屋さんの中には悪質な業者も存在しているようなので、変動金利という名目のもとに、大きく金利を上昇させる可能性もあります。
あまりない話ですが、契約内容はしっかりと確認しておくようにしましょう。
トラブルが起きると弁護士費用などのコストや手間がかかります。

自社ローンは保証人は必要なのか

自社ローンとは、中古車の販売などで行われているもので販売業者が自らローンを提供しているものです。
一般的に自動車のローンを組む場合には、銀行や貸金業者などを通じてローンを組むことになりますが、この場合には一定の信用力が必要になり、信用力の低い人は審査に通るのが困難です。
一方で自社ローンは中古車販売店が提供しているローンなので独自の審査を実施しており、他者で通らない人でも審査に通る可能性があります。
このため自動車が必要だが、信用力が足りないという人でも自動車を購入することができます。
ただしデメリットとしては、中古車であるため車種の選択肢は限られます。
自社ローンとはいっても、ほかのローンと同様に審査を必要とします。
一方で銀行などのマイカーローンとは異なり、保証人は原則不要のケースがほとんどです。
このため保証人がなくてもローンを組むことが可能ですし、また金利もローンを組むと比べると低く設定されています。