自社ローンの引き落としには注意

Loan Plannning 自社ローンは、金融ブラックになっている人でも車が購入できるので、そういう人にはとてもありがたいサービスです。
しかし、金融ブラックでも簡単にローンが組めるのであれば、金融機関の役割はなくなります。
実際には、とても高い金利がとられたり、金利はゼロとなっても別に手数料などがとられたりします。
金利がゼロということで単純にお得だと考えてはいけません。
自社ローンでは、引き落としが遅れたときにどうなるかはきちんと確認しておきましょう。
通常のカードローンなどでは引き落としができずに延滞となっても、3ヶ月程度までは強制解約がされません。
しかし、自社ローンの場合には販売店独自の契約がされているので、早ければ1ヶ月程度の延滞でもローンを強制解約され、車を没収されてしまうこともあります。
もちろん、たった数日の延滞でも契約違反にかわりはないので、延滞をするほうが悪いのですが、トラブルに発展させないためにもあらかじめ契約内容は確認しておくようにしましょう。

自社ローンの返済について

自社ローンは、通常ローンを組むことが不可能な方でも分割払いで中古車を購入することができる、というなんともうれしいものですが、当然メリット・デメリットが存在します。
自社ローンの最大の特徴は、過去に様々な理由でローン審査を通過することができなかった方でも、分割払いで購入することが可能である、という点でしょう。
独自の審査基準を設けているため、過去の信用情報は審査に一切影響することはありません。
例えば、過去に自己破産やブラックリストに掲載されている方でも、車の購入をあきらめなくても良いのです。
また、申請書類の時間や手間もかからず、金利が0%であるという点にも注目できます。
一方、自社ローンはどこの販売店であっても基本的に頭金が必要です。
その額は販売店や購入する車によっても異なりますし、会社によっては保証人が必要な場合もあります。
そして、最も注意すべきなのが購入した車の代金の返済ができなくなったときです。
何らかの理由で返済が不可能になってしまうと、販売店が車を引き揚げてしまう場合もあります。
しかし、分割払いで購入した以上、返済をするのは当然の義務ですから、毎月の返済をきちんと行っていれば何の問題もありません。