中古車購入における自社ローンの仕組み

中古車購入における自社ローンの仕組み 中古車購入では、一般的にはローンが利用されています。
よく利用されるものとしては、ディーラー系ローン、金融機関が扱うマイカーローンがあり、これらのローンは、審査に通ることで初めて利用することが可能になります。
審査内容は利用先商品によって若干の違いはあるものの、基本的には返済能力が問われ、個人信用情報等を元にして融資合否の判断が下されることになります。
中古車を購入する方法に、他に、自社ローンと呼ばれるものがあります。
自社ローンとは中古車販売店が独自に提供をする分割払いサービスのことを指し、通常ローンが通らない場合によく利用されています。
ここでは、販売店が購入者の車両代金を立替えるために仲介となる信販会社等の存在はなく、あくまでも販売店と購入希望者の間で取引に関する判断が行われます。
仕組みで理解しておきたいことは、まず、金利0%となっていることは、金利を取ることで融資と同じ扱いになり貸金業法に抵触することがあります。
その分、販売価格は高く設定され、手数料や保証料といった形で上乗せされています。
次に、利用では必ず内容を確認することがあり、通常ローンと総額でどのくらいの違いになるかなど確認をすることが大切になります。

自社ローンは主婦でも組める?

住んでいる地域によっては、車はかかせないものだったりします。
中古車を購入する場合は、主婦でも組める可能性があるローンがあります。
それが中古車販売店による自社ローンです。
自社ローンは、販売店が独自の審査基準で融資をするので、総量規制などの対象外になります。
自社ローンは、独自の審査のため、自己破産や任意整理、ブラックリストに載っている人でもローンが組める可能性があります。
また、販売店によりますが、フリーターや派遣社員、主婦でもローンを組むことができます。
販売店によって、自身に収入がなくても、配偶者に収入があれば審査が通ったりします。
自社ローンは、販売店による独自の審査のため審査時間も早く、車検切れや車の故障など、急に車が必要な場合も、急いで結論をだすことができます。
また、金融機関のローンとは違い、金利が0%なので、車の購入代金のみの分割払いになり、金融機関のローンよりも支払総額が少なくてすみます。