自社ローンの審査に通らない人の特徴

自社ローンの審査に通らない人の特徴 自社ローンの審査では信用情報を見られないので、信用情報については影響がしません。
過去のクレジットカードの支払いで延滞を繰り返していたり、ブラックリストにのっている人でも審査に通ります。
審査に通らない人の特徴としては、ずばり返済能力に問題がある人となるでしょう。
信用情報は影響しないので、年収や勤務形態、勤続年数などの返済能力のほうが重要になります。
自社ローンでは借入額は50万円以下となることが多いので、アルバイトの人でも安定した収入さえあれば借りられる可能性があります。
派遣社員や契約社員の人はアルバイトの人よりも有利になります。
日雇い労働をやっていて収入が不安定な人は断られる可能性が上がります。
また、在籍確認がありますので、携帯電話だけで営業をしているようなお店で働いている人は在籍確認がクリアできないかもしれません。
自社ローンでは信用情報が見られない分、返済能力についてはしっかりと審査をされますので、安定した収入を得ている人であるとみなされない場合には審査落ちする可能性が高いです。

フリーターでも自社ローンは組める?

フリーターの人は自社ローンではやや不利になるようです。
銀行カーローンやディーラーローンの場合、返済能力の他に信用情報についてもチェックされます。
アルバイトの人でも信用情報が良好ならば、銀行のカーローンの審査に通ることはあります。
自社ローンでは、信用情報は見られないので、ブラックリストにのっている人でも審査に影響しないというメリットがあります。
しかし、逆に過去に延滞をしたことがなく、良好な信用情報を持っている人にはそのメリットが活かせないというデメリットが存在しています。
良好なクレジットヒストリーを持っているフリーターの人は、まずは銀行のカーローンやディーラーローンを利用してみましょう。
フリーターの人でも安定した収入を得ている人ならば自社ローンを借りることはできます。
大切なのは、収入に対して無理のないローンを組むことです。
月々の支払いを余裕を持って行えるのなら、審査に通る可能性は高いです。
審査に通らない場合には頭金を増やしたり、購入する中古車の価格を下げたりしてみましょう。